teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 電磁波犯罪(0)
  2. ブランド激安市場 bag53(0)
  3. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 5月16日(水)18時49分53秒
返信・引用 編集済
  続き

麻賀多大神宮
賽銭箱の左上のガラスに変な影

寿司屋さんの自販機で、コーヒーでも買ってゆっくりしていこうかと算段していたのですが、撤去されていて少し残念。
 
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 5月16日(水)18時17分49秒
返信・引用 編集済
  続き

神楽殿の先。
裏道。
本殿裏のオーブ(前回のオーブは、もっと中央より。撮影位置はほぼ同じ)

原文が見たいと、お願いしてきました。
ふと上を見ると「麻賀多大神宮」の額が…。
いくら御祭神が伊勢神宮の姉と母に当たるとはいえ、神宮を名乗れるは伊勢・香取・鹿島神宮だけと記憶しますが・・・。明治神宮もあったか。
「大」まで付けては、だめだこりゃと思いますよ。
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 5月16日(水)18時04分42秒
返信・引用
  気力が萎えたため、まいパワースポットの天津日津久神社に行ってきました。

たくさんの日輪が舞っていて、とても幸せな気分です。
皆様に、おすそわけです。

祠の左。
祠の右。
祠の正面。
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 5月 3日(木)15時18分44秒
返信・引用 編集済
  一二三一二三十八が改訂版では、「ひふみの火水とは」となっています。

一三で「ひ・みつ~みづ(濁点は可)」となり、「火水」と表記でますが、火水を「かみ」と呼び、そこから「神」とするのは二段変換なのでアウトです。

そして「二」の存在を無視しなければ、こうにはなりません。

火水の開発に行き詰まったので、初心に帰り、ひふみを読み直そうとしたのに、火水の表記自体が信用できない。
読むのは無駄なようです。

新品同様の古本でしたが、このレベルで新品価格15000円は高すぎます。
預言は広めるもの。手ごろな価格でなければ。

http://

 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 5月 1日(火)22時25分0秒
返信・引用 編集済
  ひふみの読み直しをしていたら、16節まで来て、早くも壁にぶち当たりました。
流れがおかしいので、原文を確認しなくては先に進めないのです。

そうだ、1年以上前、岡本典明筆(著と言わないのはカッコいい)ひふみ神示(神示と威張ったので相殺)を、オタクの殿堂まんだらけで、資料になるかなと思い、フィギュアのついでに買っていたのでした。

幸いこの16節は冒頭で紹介されていますが、数字と記号のみで、普通の人にはトライする気も起きないはずです。

私も当初は、絶望的に読めませんでしたが、最初のタイトルの意思に合うよう調べたら、5時間で解読できました。
6年ぶりなので、上々です。

以下、たぶん三典さん解釈。2012年にそれを基に()内に私の解釈を加えたもの

下は数字だけの原文と、それを基にした()内が私の解釈。
解読できたのは、出口王仁三郎著を完読した成果です。
「霊・力・体」の教えが役に立ちました。
驚くほど、全く内容が違ってしまいました。

冒頭から「一二三一二三十八」を「ひふみの神とは」と解釈しており、後半の一二三の三文字をどうしたら「カミ」の二文字になるのやら。

ひふみの言い回しの特徴である、末尾の「ぞ」に相当するのが「2」のようなのです。
逆立ちしても2は、ぞとは読めません。
冒頭から不信感一杯になったので、三典訳は完全無視しました。

三典翻訳と私の解釈
 ひふみの神とは結 (ユイ~維~すべてのものを引きまとめる根本の決まり)ぞ、中心の神(国常立大神・豊雲野大神)、表面に世に満つことぞ、拓き睦び、中心に火集い、拓く(押す)水。神の名二つ(厳と瑞)、神と神世に出づ。早く鳴り成り、世(原文を見れないが、ヨ~誉だろう)、新しき世(原文が四ならシ~志だろう)と、国々の新しき世と栄え結び、成り拓き(開拓)時くる。弥栄に神、世に満々、中心に祭ろい披き(啓発)結ぶぞ。月出でて尽(終わり)なり、月披き(ヒラキ~披見)弥栄え成り、神世ことごと栄ゆ。早く道開き、月と瑞 (天の月と地の瑞)の拓く大道、月の仕組、月神と日神二つ展き(連ね並べる)、地上弥栄満々、世の初め ことごとくの神も世と共に勇みに勇むぞ。世はことごとに統一し、神世の礎 極まる時代来る、神世の秘密と言う。六月二十四日、一二  文(神ふみ)。

原文と私の解釈
一二三一二三十八(ひふみの霊・力・体とは)六一五(無の初めよりいずる。)十一二(充の初めの分け)四三三八(世に満つ体は)六一二五(萌ゆる霊の力からいづる。)八二〇二十(益々力は天に充ち)十四二八(完成の世には)八八九(弥~いよいよ也は凝り固まり)七一四(成る霊の世。)四十 (死は足り) 九二四十二(ここに死は神の力)四六七八(死は無・生成する輪)八十四(いよいよ神の世)三一五(体は霊故え)二八六(継は禄)三二五一二(体にいづる霊に)六二八(睦に也)八七十(発生る神)一九十三八(霊を尽くすと身は)八九三一二三(いよいよこの身は霊に満つ)二一二三(継ぐ霊力体は)〇二十(神に足り)〇十二八(神と力は)九二(ここに)八三三四(闇満つ世)一百千十(火ともろもろの光と)百四十(諸々の死と)一二十三卍四八(人を継ぐ神の身は漫じ死也)九一十四(ここに人と神の世)一九四(初めて凝り固まりし)  〇四(神代) 七三十三(成る身と光)六二四一二〇二三(6 24 日月神ふみ)

丸に点の記号が消えてしまったのて゛、〇似て代用。原文にゼロや〇はありません。

こんな詐欺にかかっていても、自分は神の子と思っている宗教好きはアホです。
それゆえ私は、日月神示と認識している人には関わりたくない。

今出回っているひふみ神示は、このように信用できない。
原文が入手出来なければ、嘘をこねくり回したウソの上書きになるので、時間の無駄。

ひふみの18年パーション改訂は、止めることにしました。

のすとら解読でも日本語訳が信用できなく、原文から翻訳までやったなー。
五島さんがフォルクスワーゲンビートルの預言としたのが、私がやったらビートルズになっちゃたもんで。






 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 4月30日(月)10時45分0秒
返信・引用 編集済
  苗全滅につき、絶賛落ち込み中です。

今日は暇なので、朝からビールを飲んでます。
火水が壁にぶち当たり、全く進展しない状況なので、初心に帰りひふみ預言を6年ぶりに読んで改訂版を作ってみようかと思い立ちました。

一番大事なタイトルの意味、ひふみを「霊・継ぐ・体」としてたのが間違いで、「霊・力・体」てであらねばならぬと大分前に気が付いていた。初歩が違えば解釈も違ってくるのは必然。

渦の考察にも欠けていたような気がするし。

6年間の否定みたいな作業なので、酒でも飲まなきゃ始まらい心境なのです。
500×3・8パーのビールを飲んだら、6節で思考が止まりました。
なされない。
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 4月28日(土)20時41分7秒
返信・引用
  ちょっと前ですが、ショッピングセンターを歩いていたら、4月の誕生石は水晶と、宝石屋さんの館内放送が耳に止まりました。

ちょうど誕生日だったので見に行ったら、一発で気に入りました。
こういうひとめぼれ的な石は相性がよさそうで、付けていると気持ちがいい。
苗全滅したので相性悪いかもしれませんが・・・。
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 4月28日(土)19時42分8秒
返信・引用 編集済
  稲の苗が全滅しました。

てっきり水分不足後に大量散水したことと、保水力の増した育苗箱のせいで、根腐れになったかと思っていました。

農協の営農指導の人に見てもらったところ、2葉で枯れ生長点も死んでるとのこと。
夕方にハウスを閉める際、水分不足は知っていたのですが、とても疲れて面倒なので、風のある方だけ、さっとジョウロでかけて終わりにしたら、よく朝、葉が針になっていたことがあり、その時死滅していたのでした。

枯れた~大量散水~根腐れ~育たないから室温を上げる~病気発生という理由が理解できました。仮に植えても溶けてしまうだろうとのこと。

箱が悪いんじゃなく、私がバカだったのです。最近農業を舐めてたし。
たった半日の横着で全滅となりましたが、農業に飽きてしまったせいなのかもしれません。

というわけで670枚の苗を破棄して、まき直しです。

種と土が、農協に在庫があったのは幸運でした。
プール育苗にしようと思ったら、ゴールデンウィークで休みになり、特注の厚手フィルムは種まきに間に合いそうにありません。今まで使っていた下敷きのフィルムは燃してしまったし。

田植え時期にはブロッコリーの収穫が始まっており、5日分は破棄予定となりました。悪循環は止まりません
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 4月24日(火)08時16分15秒
返信・引用
  本来ならば田植えが始まっているはずでしたが、育苗に失敗し生育待ちになってしまいました。

育苗箱をブロッコリーと稲に使いまわしていたせいか、近年苗立ち枯れ病が蔓延したので、分離使用をすべく、箱を更新しました。
前年の飼料稲育苗に際し、3社の製品を試験して一番成績の良かった、山溝が入って一定量の水が溜まるタイプです。
水が溜まるので、従来の欠点だった両端の生育が悪い事が解消されました。

ところが例年どうりの水管理をしたら、液肥をまいたら溜まった所だけ伸びてしまいました。
また水が溜まり過ぎによる根の生育不足で、持ち上げることができません。
水が溜まり肥料が溶け込み、十分な散水により肥料が溜まった水が流れてしまったのか、黄化してしまいました。

代掻きのやり直し・まき直しも覚悟しなければならず、絶賛落ち込み中です。

 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 4月 9日(月)21時10分27秒
返信・引用 編集済
  4/7に、大杉・麻賀多神社に行ってきました。

誕生日を迎えたのに、この一年、大した成果もなかったお詫びと、超多忙で気力まで萎えたので、マイパワースポットで充電です。

カメラチェックも兼ねて結構枚数撮ったのですが、おもしろいのは1枚しかありませんでした。
麻賀多神社の本殿裏です。香取の本殿裏でも同じようなオーブ写真が撮れました。

超カワイイ絵馬も見つけました。

大杉さんにある不思議な木ですが、カメラの解像度が上がったので撮ってみました。
 

レンタル掲示板
/54