【気象警戒】




[0] 【気象警戒】

投稿者: 管理人(気象マニア)

危険度の高い気象情報について、情報発信していきます。
このスレッドは【管理人のみ】の書き込みとさせてください。





[82] 埼玉県 警戒を!

投稿者: 気象マニア 投稿日:2015年 6月16日(火)20時42分10秒  返信

雷雲が大きくなりながら強度を増し、南下しています。
埼玉県 川越・大宮・春日部においては、猛烈な雨、落雷・竜巻などのシビアウェザーに警戒を!!



[81] 積雪の見込み

投稿者: 気象マニア 投稿日:2015年 2月 4日(水)13時33分47秒  返信

先週も首都圏は雪が降りましたが明日も雪の予想です。
明日9時の予想天気図を見ますと先週の南岸低気圧よりも更に南のコースを東進する見込みです。ですので、先週のように低気圧が接近しても雨に変わることはなく、雪のまま降り続ける公算が高くなっています。
ですので、先週よりも影響度は大きくなるという認識で明日を迎えて頂ければと思いますが、昨年2月のような大雪に発展するほど低気圧は発達をみせません。
首都圏の南関東では10cm前後、北関東では20cm前後が見込まれます。



[80] 異常天候早期警戒情報

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年12月25日(木)23時56分57秒  返信

本日12/25に気象庁が異常天候早期警戒情報を出しました。
12/29に低気圧が通過後、非常に強い寒気が流入して、年末年始にかけて、日本海側を中心に10年に1度の大雪になる恐れがあるようです。
http://www.jma.go.jp/jp/soukei/002.html



[79] 名古屋は相当な大雪か

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年12月18日(木)00時26分20秒  返信

レーダーを見る限り、若狭湾から関が原の山脈の切れ目を抜けて、愛知県に相当強い雪雲が流れ込んでいます。
恐らく、名古屋市内は朝は一面の銀世界で交通機関も相当乱れるでしょう。
愛知県の名古屋市以北でも相当な積雪となりそうです。足元に十分気をつけてください。



[78] 超・爆弾低気圧の通過

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年12月16日(火)08時14分13秒  返信

5年に1度あるかないかのレベルの低気圧が列島を通過しそうです。
24時間で24ヘクトパスカル以上発達すると爆弾低気圧と呼ばれますが、今回の予想では24時間で60ヘクトパスカル程度発達するよそうです。明日、北海道沖で950ヘクトパスカル程度になる見込み。

発達が加速する東日本以北において、暴風・高波・大雪に厳重な警戒が必要です。東日本に近付く台風以上の警戒心が必要です。



[77] 台風18号

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年10月 5日(日)18時51分21秒  返信   編集済

首都圏にとっては最悪のコースで暴風と高潮に十分警戒が必要です。
南から吹き込む風により、相模湾・東京湾では潮位がかなり上がる可能性が高くなっています。

台風通過後は急激に北寄りの風に変わります。地形の影響で台風通過後の方が風が強くなる地域もあります。油断することなく対処ください。

明日の昼過ぎまで首都圏では外に出るのが危険な暴風となるでしょう。



[76] 大雨警戒情報

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年 9月 3日(水)19時39分9秒  返信   編集済

福岡県および熊本県北部周辺においては土砂災害に発展する恐れのある非常に強い雨が、これから日付が変わる頃までの4~5時間程度降る恐れが高まっています。
十分に警戒願います。



[75] 大雨警戒情報

投稿者: 気象マニア  投稿日:2014年 8月29日(金)14時01分2秒  返信

これから夕方にかけて、熊本県北部ならびに大分県においては大規模な土砂災害に発展する恐れのある豪雨となる恐れが高まっています。
厳重に警戒願います。
その他、九州北部では雨量が多くなりますので、ご注意ください。



[74] 三重県に大雨特別警報発令

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年 8月 9日(土)18時17分40秒  返信

三重県に大雨特別警報発令
三重県の津・鈴鹿・四日市周辺では時間雨量80mmを超える雨量を観測しており、更にその山間部では時間雨量40mm程度の雨が10時間ほど降り続いております。
津・鈴鹿・四日市の一級河川においても氾濫の恐れがあります。避難できる場合は早めに避難を実施し、避難が遅れて既に道路に泥水が流れ込んできている場合は、家屋や近くの高い建物で推移が下がるのを待ってください。



[73] 台風11号

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年 8月 7日(木)21時19分16秒  返信

動きが遅く影響はまだ出ておりませんが中心が北緯130度あたりまで北上してくると九州四国では急激に風雨が強まってくると思われます。
発生してから10日近くたっており、日柄的には成長のピークは迎えていると思いますが気象衛星を見ますと雲の形はしっかりとしており、まだまだ強い勢力を維持し急には勢力を落とすことはなさそうで、海水温の高い状態も勢力維持をサポートしそうです。
台風の進路が当初の予定より、やや東寄りになっており、四国や近畿地方にとっては最悪の進路となりそうです。
四国地方は今月に入り1400mm近い降水量を観測している地点もあり、現時点でも地中水分量は飽和状態で災害発生が危惧される状況ですが、更なる大雨が避けられませんので、四国地方を中心に大規模な土砂災害や真相崩壊・山体崩壊など通常では考えられないような土砂災害に発展する恐れのあるレベルとお考えください。



[72] 九州四国は厳戒態勢です

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年 8月 5日(火)08時57分41秒  返信   編集済

九州四国地方は大気の状態が不安定な状況が続くため、台風12号は消滅しましたが引き続き大雨に警戒が必要です。

また動きの遅い台風11号が九州を目指して北上してきています。
明後日7日ぐらいからは九州四国を中心とした西日本では台風からの湿った気流の流入が強まってきますので、更に大気の状態は不安定になり、災害級の大雨は避けられない状況です。

既に四国中央部・東部では8月1日の降り始めから1000mmを超える記録的な大雨になっていますが、今週末にかけて更に1000mm以上の今までに経験したことのない大雨に十分に警戒が必要で、単なる土砂災害ではなく、大きな山自体が大きく崩れる「山体崩壊」も視野に、そのリスクのある地形では自治体を中心に十分に監視・警戒が必要でしょう。

山体崩壊は聞きなれない言葉かもしれませんが、大規模な山体崩壊が発生すると崩れた方向の周囲数キロは土砂で何もなくなる末恐ろしい自然災害です。土砂の津波と考えても良いでしょう。発生しない事祈るばかりです。
四国地方ではそれぐらいの降雨量になるということです。



[71] 大雨に警戒

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年 7月 6日(日)16時50分37秒  返信   編集済

熊本南部、鹿児島北部および宮崎県においては、今後日付が変わる頃までの間、時間雨量50~70mmの猛烈な雨が降る可能性があります。

大型で非常に強い勢力の台風8号の外側を回り込む湿った気流が九州や四国に流れ込みやすい状況ですので、今週は東もしくは南東斜面の山間部では雨量が多くなります。
九州南部、四国、紀伊半島では厳重な警戒が必要でしょう。



[70] 伊豆大島 注意必要

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年 7月 3日(木)23時53分42秒  返信

昨年の台風26号の豪雨災害が完全には癒えていない伊豆大島ですが、今後未明にかけて時間雨量50mm程度のかなりの総雨量が見込まれます。
十分にご注意ください。



[69] 危険な状況

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年 7月 3日(木)07時40分4秒  返信   編集済

梅雨入りして1ヶ月ほどになりますが、今年一番大雨へ警戒が必要な日となりそうです。現在は九州北部を中心に広域で猛烈な雨が降っております。徐々に西に移動してきます。
レーダー情報から災害発生が避けられそうにない大雨になりそうですので、十分に警戒ください。
午前中は九州長崎・佐賀・福岡県はシビアウェザーとなりそうで早め早めの避難を。。。



[68] 大雨警戒情報

投稿者: 気象マニア 投稿日:2014年 6月 4日(水)22時41分50秒  返信   編集済

既に気象庁が土砂災害警戒情報を出していますが、XバンドMPレーダーデータを見ていますと高知県南西部一帯で今後数時間程度の間、時間雨量80mm前後の激しい雨が見込まれます。
既に400mm近く降雨があった上に更に降りますので十分に警戒ください。
地域的には高知県南西部の宿毛市周辺が最もリスクが高くなります。
日中に九州宮崎でも激しく降りましたがその総雨量を上回る恐れがあります。



[67] 太平洋側でも大雪に

投稿者: 気象マニア  投稿日:2014年 2月 7日(金)16時57分5秒  返信

明日は普段雪の少ない太平洋側でも5年に1度あるかないかの大雪になる恐れが高まっています。
湿った雪になると思いますので、電線への着雪で架線断が発生して停電なども想定されます。
また、外出は時間に余裕をもって車の運転にも十分注意しましょう。

気象庁から情報が出ていますので、リンク先を確認ください。
大雪と暴風雪及び高波に関する全般気象情報 第3号
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/000_00_662_20140207072843.html



[66] 静岡県 急激な天候の変化に注意!

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年11月25日(月)19時14分32秒  返信

発達中の寒冷前線が通過中です。
静岡県においては、急激な天候の恐れがあります。
今後、2~3時間程度は落雷や突風を伴う猛烈な雨にご注意ください。



[65] 東北北部から北海道

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年10月16日(水)08時56分29秒  返信

大きな影響が出ていますが首都圏にとっては最悪の進路を通過することは免れました。
今後は温帯低気圧が北海道に接近します。この時間になって台風は暴風域を広げてきており、温帯低気圧へ変わる兆候が見られます。これにより今までより広範囲で暴風の大きな影響が出ると考えられます。
東北北部から北海道は風への警戒を行ってください。



[64] 九州の状況と今後の関東東日本の暴風豪雨にも注意

投稿者: 福岡県民883 投稿日:2013年10月16日(水)06時02分45秒  返信

台風からは遠いのに、強風が吹いています。

北の冷たい空気が流れ込んでいるためです。

台風の熱帯の熱い空気が、冷気とぶつかる事で、むしろ
温帯低気圧になると発達して風が強くなります。

台風でなくなった場合も油断禁物です。

大雨にも厳重な警戒が必要です。



[63] 東日本以北は厳重に警戒を

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年10月15日(火)23時51分30秒  返信

首都圏は現在の風雨はこれから本番です。
中心本体の雲がかかってくる夜半過ぎから首都圏は本格的に風雨とも非常に激しくなります。
※首都圏、明日の午前中、不要不急の用事での外出は控えましょう。
※東北沿岸部は暴風雨もですが、高潮への警戒も必要です。
※北海道は台風から変わった温帯低気圧が接近します。ですので、台風より広範囲で暴風に警戒ください。
  風は台風と同等またはそれ以上の暴風が広範囲で吹く恐れがあります。
  温帯低気圧は台風が弱まったという区分けではありません。低気圧の構造が変わっただけで油断禁物です。

東日本以北は、特別警報クラスの現象が発生するものと思われます。厳重な警戒が必要です。



[59] 台風26号

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年10月14日(月)18時10分26秒  返信   編集済

中心付近の気圧が930hPaまで発達しています。北緯30度あたりまで海水温は27度を超えており、まだ若い台風ですので、910hPa-915hPaまで発達する余地があります。
北緯30度を超えても海水温は25-27度を維持しているため、急速に衰えることはなく強い勢力のまま、静岡から千葉の辺りに上陸する恐れがあります。
雨雲は台風中心の北側と東側で大きく発達を見せており、中心が近づく前から風雨の影響は早く出始めそうです。
中心がどこを通過するかで大きく影響が異なりますが台風の中心が首都圏より西側を通った場合は相当な影響が見込まれます。早め早めの対処が必要となります。少なくともここ5年で首都圏に接近する台風の中では最強クラスです。


表層海水温データ:
http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/daily/sst_jp.html



[56] 台風18号

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 9月16日(月)08時25分42秒  返信

台風18号ですが勢力を上げています。
勢力は平均レベルを超え強い部類まで発達しており、間もなく上陸となり、日本の沿岸部においても発達を見せる台風はあまり記憶にありません。
これから静岡・神奈川・東京・千葉県を中心に災害クラスの暴風雨に見舞われますので、外出は控えた方がよいと思います。



[55] 台風18号

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 9月15日(日)12時56分48秒  返信

台風の勢力としては、ほぼ平均レベルです。
気象衛星で中心付近の雲のまとまり方を見ていますと本州へ近付きながら勢力を増しているのが読み取れます。同じ中心気圧でもこの台風の勢い(若さ)というのは結構重要です。
台風の進路は昨日、私が予想した通りやや西寄りを進んでいます。今後、偏西風の影響で気象庁の予想より東側に進路を変えて本州南岸を東進する可能性があると考えておいていただきたい。予想進路は昨日の図を参照ください。

今後の注意点と見通しです。
夕方以降、近畿地方の三重・和歌山県、東海地方の岐阜・長野・静岡県の山沿いの南東斜面周辺において猛烈な雨が降り続く恐れがありますので、この周辺地域では特に雨に対しての警戒が必要となります。その他、愛知・静岡・神奈川・東京・千葉県の沿岸部では、台風の中心が近づくまで南寄りの強風に対する警戒が必要です。

今夜日付が変わる頃から偏西風の影響を大きく受けて台風の進行速度が上がる恐れが高くなっています。今後、首都圏周辺では天候が落ち着いたからといっても油断は大敵です。天候が急変することも頭に入れておく必要があります。

雨の降り方
http://www.river.go.jp/xbandradar/index.html
http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/
台風の予想進路
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1318l.html



[54] 台風

投稿者: on立川断層 投稿日:2013年 9月15日(日)07時32分51秒  返信   編集済

 どういったものから台風の強弱を判定するのかわかりませんが、素人目から見るとここ最近上陸した台風の中では結構中心気圧が低いほうだと思いますが、「強い台風」表記がありません。台風の進路沿いの方は念のため強風に気をつけたほうがいいかと思います。



[53] 台風18号

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 9月14日(土)10時07分21秒  返信   編集済

気圧配置から日本に勢力を張り出している太平洋高気圧の勢いが徐々に弱まりを見せつつありますが本州付近への張り出しが残っているため、台風18号は日本に近づくまで予想進路より西側を通る公算があります。但し、偏西風が南下しており、日本に近づくと急速に東向きに進路を変えてくると思われ、本州南岸を沿うような進路を取るのではないだろうか?という見立てです。
赤線が私の考える予想進路です。
現時点では、これと言った特徴はなく、ごく平均的な台風です。
最後に。この台風の東側にある熱帯低気圧と思われる雲の塊… こちらの方が今後日本に与える影響は大きくなる可能性がある…ということを付け加えておきます。



[49] 西船橋マンさん

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 8月 9日(金)23時07分38秒  返信   編集済

情報ありがとうございます。
ただ、いつも警戒警戒と言っておりますと本当に伝えたい時に重みを失いかねませんよ。確かに気温は平年を大きく超えてきており注意は必要ですが、災害クラスではございません。
本スレッドは災害発生のリスク発信とさせてください。どうぞご理解ください。

23時現在で30度を超えている地点が多いですね^^;
高校球児ガンバレ!!



[48] 猛暑・今日以上に厳重警戒を

投稿者: 西船橋マン 投稿日:2013年 8月 9日(金)19時16分56秒  返信

こんばんはパー

今日も猛暑でしたが明日は今日以上に気温が上がり、局地的には40℃前後に達する恐れもあるとの事です。
 熱中症には厳重警戒して下さい。



[47] 高温情報

投稿者: 西船橋マン 投稿日:2013年 8月 7日(水)06時28分1秒  返信

おはようございます。

気象庁が昨日、北海道から九州北部にかけての広い範囲に「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表しました。
 これから2週間は平年よりかなり高温になる可能性があるようです。農作物の管理や熱中症対策をお願いします。



[46] 本日は

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 8月 1日(木)08時03分36秒  返信

鳥取県東部、兵庫県北部、京都府北部で激しい雨が降り続いています。ゆっくりと雨雲は南下傾向にあります。
鳥取県、兵庫県、京都府を中心に厳重な警戒が必要です。
梅雨明け撤回しなければならない感じですね。



[45] 新潟周辺

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 7月31日(水)22時56分42秒  返信

新潟市周辺で今後数時間は時間雨量80mm前後の豪雨に警戒ください。
低い土地での浸水害が心配ですが、夜間ですので無理に非難せず、住宅の高い位置で過ごされることをお勧めします。
特にこれから1時間は激しく降ります。



[44] 来週は猛暑に警戒

投稿者: 西船橋マン 投稿日:2013年 7月31日(水)07時15分47秒  返信

気象庁が昨日、異常天候早期警戒情報を発表しました。

情報によると東海・近畿・中国・四国・九州北部&南部では8月4日頃から、関東甲信と北陸では同5日頃から共に1週間、気温がかなり高くなる可能性が大きく特に北陸では、1週間の平均気温が平年を2.3度以上、上回る可能性があるとの事です。熱中症及び農作物には充分な注意&対策をお願いいたします。



[43] [42]関連情報

投稿者: 西船橋マン 投稿日:2013年 7月28日(日)12時57分56秒  返信

気象庁が12:30に開いた会見で「山口県と島根県ではこれまでに経験のないような大雨になっている。今後も数時間継続する恐れがあり、直ちに命を守る行動を取って下さい」とのコメントを出しました。該当する地域にお住まいの皆様は最大限の厳重警戒をして下さい。



[42] 山口県・島根県

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 7月28日(日)11時38分41秒  返信   編集済

12:15追記
山口県須佐で11:00-12:00の1時間雨量が137.5mmを記録。
10:00-12:00で244.5mmという想像を絶する雨が続いています。何も起きていないとは考えられない雨です。
徐々に弱まるもののレーダーからは数時間続きそうです。

-----------------------------------
12:00追記
山口県須佐で10:00-11:00の1時間雨量が107.0mmを記録。
11:00以降も同じような豪雨が継続している可能性がレーダーから読み取れます。
厳重に警戒を。

-----------------------------------
10時あたりから山口県・島根県の県境付近で断続的に激しい雨が降り続いています。レーダーからは災害クラスの雨が降り続いていることが読み取れ、時間雨量も80mm以上だと思われます。
水の流れ込みやすい低地にいる場合は外の変化に気を配ってください。



[41] 危険な降り方

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 7月15日(月)10時47分22秒  返信

鳥取県、岡山県北部では時間雨量70mm前後の雨が数時間継続しており、危険な状況になってきています。
雨雲の動きは非常にゆっくりで同じ場所で長く降り続く傾向あります。今後は兵庫県西部などでも激しい雨が降る恐れがあり、警戒しておきたい。



[40] 注意が必要

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 7月 6日(土)08時17分11秒  返信   編集済

南からの湿った気流の強い流れ込みがあります。
北側に高い山を抱える地域、特に北陸周辺においては、フェーン現象により梅雨明け前ではありますが体温を超える相当な気温上昇が発生する可能性が高い気圧配置となっています。

また、九州北部・中国地方はバックビルディング現象により同じ場所で猛烈な雨が降り続く恐れがあり、この梅雨の中で土砂災害が最もリスクが高まっています。



[39] 高温に関する異常天候早期警戒情報

投稿者: 西船橋マン 投稿日:2013年 7月 2日(火)18時07分34秒  返信

気象庁が関東甲信・東北・北海道の各地方に「高温に関する異常天候早期警戒情報」を出しました。ちなみに関東地方は16日にかけてかなりの高温になる見込みだそうです。熱中症対策を含む体調管理には特に気をつけて下さい。



[38] 春の嵐に警戒を

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 4月 5日(金)22時52分58秒  返信

気候が暖かくなり油断しがちですが、明日日本へ接近する低気圧は非常に危険な低気圧です。
特に東海地方より東の地域では雨風とも非常に強くなる恐れがあり、強い台風が接近すると考えた方がよいかもしれません。風に対しては、低気圧が接近するまでは南東方向から低気圧が通過後は北西方向からの非常に強い風に警戒いただきたいと思います。



[37] 雪の多い地域では

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 3月 1日(金)12時43分40秒  返信

これから前線を伴った低気圧がかなり発達しながら日本海を通過します。これに向かって南から強い風が吹き込んできますので、場所によっては春一番になるかもしれません。この時期ととしては、雨量も多くなりそうです。
雪の多い地域では、雪崩が起きやすい気象条件となりますので、十分に気を付けて頂きたいと思います。



[36] 雪の公算高い

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 2月11日(月)22時43分3秒  返信

前回も見事に外してしまった気象庁ですが、今回の方が雪になる公算が高いのですは!?と思われるデータです。しかし、あまり強く報道されていませんね。
上空の寒気の状況と気流の流れ、降水開始時間を考慮しますと近畿東海あたりまでは雨か雪か微妙ですが、関東周辺は都心でも雪になる公算が高いと思います。
積雪になった場合、都心部でも多い所で10cm程度は積もる可能性があると考えます。結果はどうなるか分かりませんが、明後日の朝は首都圏においては、天候に注意が必要でしょう。



[35] 雪に注意

投稿者: 西船橋マン 投稿日:2013年 2月 4日(月)19時56分28秒  返信

こんばんは。

明日夜から明後日にかけて西日本から東日本の広い範囲で雪が降り、西日本~東日本太平洋側では平地でも雪が積もり大雪となる恐れ〔某お天気サイトによると関東地方は「(1月)14日レベル(の積雪)」との事〕があるとの事で、気象庁では大雪による交通障害&樹木や電線への着雪、雪崩に注意するよう呼び掛けています。

特に首都圏を始めとする大都市圏は雪に弱いので、最新の情報(現時点で降雪量は不確定要素大)を入手すると共に早目早目の雪対策をお願いいたします。



[34] 明日未明にかけて

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 1月26日(土)19時29分4秒  返信

日本上空には第一級の強い寒波が流れ込んでおり、西風だった強風が北寄りに風向が変わってきています。これにより、これから明日の未明にかけて、普段雪の積もることの少ない京阪神でも薄っすら雪化粧する可能性があります。
九州から中部地区までの太平洋側の段雪の積もることの少ない地域でも同様のことが言えます。ご注意ください。



[33] 爆弾低気圧通過

投稿者: 気象マニア  投稿日:2013年 1月13日(日)17時18分56秒  返信   編集済

明日は日本の南岸を低気圧が猛烈発達しながら通過します。
春先に日本海を猛烈に発達する爆弾低気圧が通過することはありますが、真冬の本州南岸を猛烈に発達する低気圧が通過するのは結構珍しいケースです。
昨日もお伝えしておりますが、本州の普段雪が降らない地域でも大雪になる恐れがあり、雨量・降雪量も多くなる恐れがあります。また、低気圧が猛烈に発達するため、交通機関に影響が出るほどの暴雨を伴う可能性もありますので、十分に注意してください。


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.