気象マニアの地震予知研究所掲示板

気象マニアの地震予知研究所掲示板にようこそ!
地震の話題を中心に不安や疑問、いろいろ語りながら地震予知を研究して、防災・減災を目指しましょう!
データ分析による地震情報は『気象マニアの地震予知研究所ブログ 』に掲載しています。

注意・警戒情報(6/20更新)
土・日に掲載します。更新は必要に応じて行います。
【 警戒情報 】
★該当なし

【 注意情報 】
☆該当なし

【 注意喚起 】
日向灘周辺

M5中盤程度の地震に注意
直近の地震情報(自動更新)

コンタクトの方! お買い得なので、ご利用くださいね♪


カテゴリ:[ 役に立つ話 ] キーワード: 地震予知掲示板 地震予知研究所 地震予知


2753件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[16991] (無題)

投稿者: @千葉南部 投稿日:2016年 6月20日(月)23時49分49秒   通報   返信・引用

いろいろお手数おかけしました。

変化があるときは、参考にしている基礎データの信頼性に問題が出たときになります。その時は素直に「大法螺でした」とお伝えすることになるでしょう^^
(今までも何回も、そういうことが有りましたので今回もジシンが有ります^^)

久しぶりに気象マニアさんとお話しできて良かったです。

熊本、心配ですねぇ・・・水害に繋がらなければいいのですが・・・



[16989] 警戒を!

投稿者: 気象マニア 投稿日:2016年 6月20日(月)21時18分40秒   通報   返信・引用   編集済

これから日付が変わる頃にかけて、熊本県周辺では非常に激しい雨に見舞われる可能性が高まってきています。
震災で地盤が弱っているため、大規模な土砂災害が危惧されます。
1階ではなく2階で就寝するなど、できる限りの対策を。



[16988] (無題)

投稿者: 気象マニア 投稿日:2016年 6月20日(月)20時12分47秒   通報   返信・引用

この話題はここまでとさせてもらって、

@千葉南部さん、変化があれば是非ともお願いします!!



[16984] (無題)

投稿者: @千葉南部 投稿日:2016年 6月20日(月)05時55分43秒   通報   返信・引用

回答拝見いたしました。
色々すいませんでした。
そういうふうに仰るだろうと解っていて、あえて意見させていただきました。
いつもいつも、ちまちまとメンドクサイことを おおきな心持で受け入れて下さってありがとうございます。そういえば過去にも気象マニアさんをつかまえて「いつもはぐらかす」とか、失礼なことを申し上げた記憶があります。遡ってお詫びいたします。旧掲示板から共に移動させていただいた古いのの戯言でございました。お許しください。
 しかしながら、予測の方についての意見は変えません。私もあれ以来、方法は違えど継続しております。ここもずっとモニターさせていただいてます。今回ここに現れたのは気まぐれではありません。ある程度の確信を得たので意を決して物申しております。気象マニアさんの言い方をお借りするのであれば、巨大地震の可能性がある場合にのみコミットしているわけで、その一点のみに絞って発信しなければ状況の重みは伝わらないと思ってます。クライマックスは1年以内。そう申し上げるに足るものだと考えております。失礼ながら、3年5年で大した差がないのでは、「30年以内」という表現をもってわれわれの生活レベルのスケールに注意を呼びかける気象庁と変わりありません(だからこそ、それは必要ないと仰るのでしょうが)。私は小さな地震などどうでもいいのです。消化不良も起こしません。的中・不的中を証明することなど、それこそ不可能ですから。成果の累積を次の予測のために積み上げることが可能なら、とっくに公的機関がやってます。ここでの予測は、あらゆる「怪しげなもの」の積み上げであり、私なりに言わせていただければそれは「なんだかわからないけど、これで飛んでます」という黎明期の飛行機と同じようなものだ、というような「ニュアンス」です。(言われるまでもないと、お思いでしょうが。誠に申し訳ありません。)
 気象マニアさんを否定しているわけではありません。寧ろ「予測」に対する思考過程は完全に符合しております。「だが、ことは急を要する」、宏観異常現象を整理し理論・体系化して学問の域にまで発展させるには、まだまだ時間がかかるでしょう。であればこそ、的は巨大地震、という訳です。
 重ね重ね、失礼いたします。 早朝出勤前故に乱文お赦し下さい。     @千葉南部



[16983] (無題)

投稿者: 気象マニア 投稿日:2016年 6月19日(日)18時56分35秒   通報   返信・引用   編集済

@千葉南部さん

スイマセン。掲載させてもらいました。
@千葉南部さんに同調する意見もあれば、そうでない方もおられるでしょう。
私はそれでいいと思っています。


「中長期」というのはざっくり言うと5年程度になるでしょうが、1年も3年も5年も大した差はありません。ニュアンスでお伝えするなら我々の生活レベルで短期的ではないという表現でしょうか。
一過性の現象だけに留まらず、強弱繰り返しながらも現象が見えるケース(地域)は、クライマックス的な現象が今後も現れるハズ... という思いがありながらも、今見えている現象が仮にクライマックスであれば... という評価が結果的に短期的評価になっています。
今までの現象より大きく現れた場合、この現象が一連のクライマックスなのかどうかを判断するのは容易ではありません。現時点で不可能。ということもあって、現象ごとにコミットしながら情報を掲載しています。

裏を返せば、個人的には中長期的に大きな地震発生が危惧される地域で短期的評価した結果、発震に至った場合、巨大地震をターゲットとしているのであれば、コレはある意味「的中」ではなく、「不的中」とも言えます。
当たる当たらないより、この消化不良な感じを消化することが非常に難しい。


これらは特に日々意識したり信念があってのことではなく、必然的にこうなった訳で、@千葉南部さんに指摘されることにより、気付かされる部分もあります。

長くやっていても時折気付きがある訳で、それにより試行錯誤と修正を加えながら、私なりに今後も継続します。
正確にお伝えできたか分かりませんが「ニュアンス」はこんな感じです^^;



[16981] (無題)

投稿者: @千葉南部 投稿日:2016年 6月19日(日)15時29分5秒   通報   返信・引用

なるほど。
先ずは掲載ありがとうございます。
本音を申し上げたかったので掲載は不要、あなたにだけお伝えできれば良かったのですが・・・ご無礼あらためて謝罪いたします。

 ご無礼ついでに申し上げさせていただきますね。
 一般論として「短期評価の繰り返しが長期評価につながる」とのお考えには同意いたしますが、こと「アマチュアの地震予測」については、それに拘りすぎるべきではない、と考えております。宏観異常現象が実際の地震につながったケース(本当に地震の前兆であったか客観的な評価すらできていない)」としての実績を ほんの数年積み重ねたところで、地質学上のスケールからすれば何の役にも立たないかもしれないからです。(ご承知の通りですが、敢えて。)

 「敢えて中・長期」(これもどのくらいの時間的な尺度をおっしゃっているのか私には理解できませんが)、ではなく、寧ろ焦点は巨大地震であって、そこから逆算的にいま、なにが起きるもしれないのか、今はどんな段階にあるのかを考察すべきではないでしょうか。「着眼大局、着手小局」といわれるのは、行く行くは、このような宏観異常現象を整理し理論体系化することが目的というお考えですか?私はそれについては、残念ながら一個人では不可能だと考えております。乱暴な言い方をすればアマチュア地震予測は「大観小察」、巨大地震がいつ起きるかを知りたいだけであり、そのためにまだ学問として成立するどころか、そのメカニズムが正しいかどうかさえ判らない、ありとあらゆるものに縋ってでも、それを追いかけていくという姿勢で臨むべきものであると思っております。

 人に信頼を得なければ、巨大地震が発生する兆候を捉えた際に周知しようとしても伝わらない、というのは判ります。しかも、これまで驚異的な確率と精度で地震発生を予測し的中させてきたプレッシャーもお有りでしょう。東日本以降の地震の予測は、あなたが間違えなく一番です。既にあなたの発言には少なからず社会的な責任が伴っている。大法螺は私だけで吹きましょう。

 以前、やり取りさせていただいて、気象マニアさんとは異なったデータを参考にしているのは承知しておりますので、あえて言わせていただきます。
「1年以内」に発生すると考えております。

 先日に引き続き、重ね重ねのご無礼、どうかお赦し下さい。
東日本の後から今日までのご活躍に敬意を表します。
気象マニアさんの観測網にメガ・クエイクの尻尾が引っかかることを切に願っております。   @千葉南部



[16979] (無題)

投稿者: 気象マニア 投稿日:2016年 6月19日(日)00時03分39秒   通報   返信・引用   編集済

短期評価の繰り返しが長期評価に繋がります。
その評価において、私自身は東海地震発生リスクの高まり危惧するようなデータは持ち合わせておりません。

敢えて現時点での中長期評価するのであれば、
小笠原諸島、日向灘および東北北部はるか沖(アイターライズ)の高まりは感じている状況。
この地域に何度も情報を掲載しているのは、そのためです。
但し、巨大地震が差し迫った感はありません。


私の取り組みが正しいかどうかは不明ながら、取り組みにおいては、「着眼大局」を忘れているわけではありませんが、閲覧いただいている方々には「着手小局」でないと、その状況の重みは伝わらない。



@千葉南部さん、ありがとうございます。



[16977] (無題)

投稿者: @千葉南部 投稿日:2016年 6月18日(土)22時16分0秒   通報   返信・引用

こちらは収まってないです。
少なくとも数か月は予測を変える気は、ないですね。
そもそも週単位での予測は極めて困難であるとの
前提は気象マニアさんも共通の認識であると思って
おりますが、ここ数年においては、状況の推移、
様々なデータ(もちろん気象マニアさんと同じく、
科学根拠のない門外データですが)から、東海地震
の発生は、今(1~2年以内)が一番蓋然性が高いも
のと思料。
あなたがやっている短期間の予測を繰り返していても
真のターゲットである巨大地震は捉えられないと思います。
大きなものは大きな目でないと捉えられませんよ。
目先の小さな地震の当たりはずれとか、メルマガの
売り上げとか、どうでもいいじゃありませんか。
ここを立ち上げた頃のあなたと今のあなたは違うようだ。
理論や根拠よりも、確かに使えそうな「何か」を使って
学問外から、地震予測に物申す。
そんなあなたは飛行機の黎明期に夢中になって翼型を
研究する冒険家のようでした。
小さな兆候があればまた来ます。一時失礼いたします。
(次の巨大地震は、予令なしの不意打ちかもしれませんが)
ご無礼は承知の上、お怒りも、ごもっとも。何卒ご容赦。
                    @千葉南部
(この投稿は表示して頂かなくて結構です。)



[16967] 八丈島近海周辺警戒情報

投稿者: 気象マニア  投稿日:2016年 6月15日(水)15時05分48秒   通報   返信・引用

現状報告。

警戒期間中ですので、通常よりはリスクの高い状況下であると言えますが、日柄的にターゲット発震に対する警戒のピークは過ぎています。
リスクが低下している最中と言えると思います。

目新しい異変データも確認できておりません。
簡単になりますが、現状の状況報告まで。



[16957] 7割同意

投稿者: @千葉南部 投稿日:2016年 6月10日(金)11時42分37秒   通報   返信・引用

了解です。
こちらのソースとも、概ね符合します。


2753件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

気象マニアの地震予知研究所
防災科研 強震モニタ
防災科研 24時間震源情報
ナマジー情報

【@宮城on長町断層さんご提供】

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.