teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


六角形に渦を巻いている土星のハリケーン、NASAが発表

 投稿者:amanojaku@管理人  投稿日:2013年 9月12日(木)00時46分30秒
返信・引用
  土星のハリケーン、探査機が撮影 地球2個分の巨大な渦(写真画像有り)
http://www.asahi.com/tech_science/update/0501/TKY201305010032.html

> 探査機カッシーニが、土星の北極にハリケーンのような大気の渦の姿をとらえた。米航空宇宙局(NASA)が4月29日、発表した。地球二つがすっぽり入る巨大な渦で、反時計回りに六角形に渦を巻いている。
>
>  渦は北極を中心として、目だけで約2千キロ、地球の平均的なハリケーンの約20倍。地球のハリケーンは動きまわるが、この渦は北極に張り付いている。
 
 

土星

 投稿者:amanojaku@管理人  投稿日:2013年 9月12日(木)00時44分15秒
返信・引用
  【土星】

土星もガス天体と言われているが、地殻が存在すると想定される。
{1番目の画像}:土星の北極に存在する巨大・六角形になっている気流。
これは土星の気流に影響を与えるほどの巨大・六角構造体が存在することを表している。


《参考》

{1枚目の画像}:『飛鳥昭雄のエクストリームサイエンス「最新宇宙論(仮タイトル)」』より。
 

木星

 投稿者:amanojaku@管理人  投稿日:2013年 9月12日(木)00時41分45秒
返信・引用
  【木星】

◎{1番目の画像}:現在のアカデミズでは ”木星”の ”大赤斑(だいせきはん)”はソリトン状態の台風とされてるが,通常 動かない台風など有り得ないし,また他よりも ”大赤斑(だいせきはん)”の部分が盛り上がっているようなのだが これも(低気圧の)台風なら盛り上がるわけもない.
アメリカ軍は ”木星”の ”大赤斑(だいせきはん)”は超巨大・火山から立ち上る噴煙である事を特定しており,その超巨大・火山はNASAの内部コード・ネームで”クロノス”と呼ばれている.
つまり,( ”木星”は質量が小さいのでガズ天体とされているが)実際は地殻・天体なのである.
実は重力は質量の影響よりもプラズマによる影響の方が はるかに大きいようであり,”木星”内部のプラズマの状態によって非常に小さい重力となってるようである.
将来的に( ”木星”内部のプラズマ状態の変化によって)”木星”の重力が増加する可能性もあると言える.
{1番目の画像}は電波望遠鏡(プエルトリコの「アレシボ電波天文台」とアメリカのウエストバージニア州「グリーンバンク電波天文台」の連携)で撮影されたもので,右下にある円形の模様がコード・ネームで”クロノス”である.


1994年7月17日に木星へ”SL9(=シューメーカー・レビー第9彗星(すいせい))”が激突しており,その衝突エネルギーの影響によって木星の地殻(ちかく)・内部の活動は活発に なると思われる.
その結果,木星の大赤斑(だいせきはん)の下にある超巨大・火山コード・ネーム”クロノス”が大爆発を引き起こし,超巨大・火山コード・ネーム”クロノス”から惑星サイズの天体が誕生する可能性がある.
※この超巨大・火山コード・ネーム”クロノス”から誕生する惑星サイズの天体はNASAによって”ケツァルコアトル”と言うNASAの内部コード・ネームが決定している.


《参考》

{1番目の画像}:『完全ファイルUFO&プラズマ兵器』{<著者>飛鳥 昭雄(あすか・あきお) <発行所>(株)徳間書店}より.
 

超冥王星コード・ネーム"NOX"

 投稿者:amanojaku@管理人  投稿日:2013年 9月12日(木)00時38分46秒
返信・引用
  【超冥王星コード・ネーム"NOX"(ノックス)】

◎NASAは以前から超冥王星(ちょうめいおうせい)の存在を知っていた。
19世紀末?20世紀初頭にかけて、天王星(てんおうせい)や海王星(かいおうせい)の軌道に摂動(せつどう)が観測されたが、それは小さな冥王星(めいおうせい)では起こりえない摂動(せつどう)だったからである。
また、ここ100年近い観測では、新たな摂動(せつどう)が生じていない事から、まったく別の天体が太陽系の横道面(おうどうめん)とは一定の角度を保って公転(こうてん)していると推測されていた。
NASAは1987年には超冥王星(ちょうめいおうせい)の研究データを一部 公表しており、超冥王星(ちょうめいおうせい)は天文学者の間(あいだ)でも周知(しゅうち)の事実となっている。

NASAは正式な発表を行っていないが、パイオニア11号のデータ解析から、超冥王星(ちょうめいおうせい)の存在を確認し、そのコード・ネームは{1番目の画像}:"NOX"(ノックス)と命名された。

ボイジャー1号は最後に撮影した太陽の強烈な光りでカメラのシャッターが故障し撮影できなくなってしまったと言われているが、これはフェイクである。
太陽の撮影後ボイジャー1号はコード・ネーム"ヤハウェ"も撮影し、いよいよ満(まん)を持(じ)し1980年11月12日、土星の重力を利用しスイングバイを行って太陽系の横道面(おうどうめん)から35度の角度で上昇させコード・ネーム"NOX"(ノックス)の探査に向かった。

ボイジャー2号もボイジャー1号を追ってコード・ネーム"NOX"(ノックス)の探査に向かわせる予定だったが、まったく予想だにしなかった事態が発生する。
パイオニア10号から まったく別の天体が存在すると言うデータが送られて来たのである。
謎の天体は横道面(おうどうめん)から下側の遠い距離に存在する事が判明し、急遽(きゅうきょ)、ボイジャー2号を探査に向かわる事にした。
ボイジャー2号も海王星(かいおうせい)の重力を利用しスイングバイを行って太陽系の横道面(おうどうめん)から48度の角度で降下し、太陽系の最深部(さいしんぶ)へ探査に向かった。

アメリカ東部時間1993年8月2日にボイジャー1号はコード・ネーム"NOX"(ノックス)に到達し、現在 ボイジャー1号はコード・ネーム"NOX"(ノックス)の周回(しゅうかい)軌道に乗って周回(しゅうかい)している。

コード・ネーム"NOX"(ノックス)のサイズは地球の約2.3倍、自転軸は横道面(おうどうめん)に対し約12度 傾(かたむ)いている。
磁極は自転軸に対し約23度ずれている。
大気(たいき)の主成分は窒素(ちっそ)だが、酸素も ある程度ふくまれており、ほかに水素やメタンも検出されている。
太陽から非常に遠いため、地上は極寒(ごっかん)の世界らしい。
コード・ネーム"NOX"(ノックス)の全地域で広範囲に広がる氷の層が確認されている。
その氷はメタンやドライアイスではなく、普通の水が凍(こお)ったものだという。
公転(こうてん)軌道は横道面(おうどうめん)に対し公転(こうてん)面が87.2度も傾(かたむ)いていた。
ただし公転(こうてん)周期については、その項目が削除された形跡(けいせき)があるらしいので、ひょっとすると まだ計測中だったのかもしれない。
ただ、ひとつ判っている事は、コード・ネーム"NOX"(ノックス)の公転(こうてん)軌道は、19世紀末?20世紀初頭にかけての摂動(せつどう)事件を含めて確実に変化しており、現在では長円(ちょうえん)軌道から限りなく真円(しんえん)軌道に近くなっているらしく、それにともなって公転(こうてん)周期も変化している可能性が高いと言う。

ボイジャー2号の送ってきたデータによると、未知の天体はコード・ネーム"NOX"(ノックス)の軌道と ほぼ同じだったのである。
ただし、その未知の天体は冥王星などと同じ氷天体で、サイズは約985kmと かなり小さい。
言うなれば小惑星か準惑星と呼ぶべき天体で、かつてはコード・ネーム"NOX"(ノックス)の衛星だったらしく、それが弾き飛ばされた可能性が高い。
NASAは この未知の天体に対して{2番目の画像}:「ヘメラ」と言うコード・ネームを与えている。
注."NOX"(ノックス)とは「ローマ神話の夜の女神"NOX"(ノックス)=ギリシア神話の"Nyx"(ニュクス)」のことであり、NASAは この未知の天体に対して「ギリシア神話の"Nyx"(ニュクス)」の娘である「ギリシア神話の昼の女神"ヘメラ"」の名を採用している。

コード・ネーム"ヘメラ"を発見したボイジャー2号はコード・ネーム"ヘメラ"の周回軌道には入らなかったようで、NASAは改良したハッブル望遠鏡を使って密かに観測を続けており、その画像も撮影している。
下記のコード・ネーム"ヘメラ"の画像はハッブル望遠鏡によって撮影された画像を天才的ハッカー、ジェームズ・J・ジェファーソン(通称 トリプルJ)がハッキングにより入手したものだと言うことである。
現在、コード・ネーム"ヘメラ"は地球から見て南天の方角から横道面(おうどうめん)に接近しつつある。


《参考》

『失われた太陽系 第10番惑星「NOX」の謎』{<著者>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける <発行所>(株)学習研究社}参照.
『ムー』(2011年2月号){<発行所>(株)学習研究社}(<目次名>太陽系 第10番惑星 NOX の娘惑星 ヘメラ <文>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける)参照.

{1番目の画像}:『失われた太陽系 第10番惑星「NOX」の謎』{<著者>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける <発行所>(株)学習研究社}より.
{2番目の画像}:『ムー』(2011年2月号){<発行所>(株)学習研究社}(<目次名>太陽系 第10番惑星 NOX の娘惑星 ヘメラ <文>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける)より.
 

コード・ネーム"ヤハウェ"

 投稿者:amanojaku@管理人  投稿日:2013年 9月12日(木)00時35分49秒
返信・引用
  【コード・ネーム"ヤハウェ"】

◎この惑星はNASAの内部では{1~3番目の画像}:”ヤハウェ”と言うコード・ネームで呼ばれていて,地球の楕円軌道と ほぼ同じ点対称の楕円軌道で太陽の反対側を公転している惑星だと思われる.
今までNASAは その存在を隠蔽(いんぺい)してきたが,このコード・ネーム<ヤハウェ>は太陽の反対側から少しずつ ずれて来ており,いずれ地球に接近して,太陽の光りを反射して雲を とおし我々の眼前に すがたを現わすだろう.
将来 発表されるだろうが,正式な発表名称は別の名前となる場合も あるだろう.

◎コード・ネーム ”ヤハウェ”を観測するために NASA が打ち上げた探査機は ”トア”, ”ケハト”, ”アロン”と言う コード・ネーム で呼ばれている3機で,この内の コード・ネーム ”アロン”が コード・ネーム ”ヤハウェ”の地表への軟着陸に成功し,その観測・データ がJPL(ジェット・推進・研究所)に送られているようです.
コード・ネーム ”ヤハウェ”の赤道半径は約7148km で地球よりも少し大きく,自転軸は天王星(てんおうせい)や冥王星(めいおうせい)のように大きい角度で横倒(よこだお)しになっており,地球と同じく強い地磁気が存在し,プレート・テクトロニクス による活動も確認されているようです.
その 大気組成は その ほとんどが二酸化炭素で硫酸(りゅうさん)の厚い雲が表面を覆(おお)っており,地上の温度は摂氏(せっし)400℃以上で,気圧は86バール の高温・高圧・状態で,上空は時速168km に達する烈風(れっぷう)が吹いているが,地上では時速1?2km と そよ風ていどでのようです.


《参考》

{1番目の画像}:(ハレーションなし,カラー補正なしのオリジナル画像)は『失われた太陽系 第10番惑星「NOX」の謎』{<著者>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける <発行所>(株)学習研究社}より.
{2番目の画像}:『完全ファイルUFO&プラズマ兵器』{<著者>飛鳥 昭雄(あすか・あきお) <発行所>(株)徳間書店}より.
{3番目の画像}:『ムー』(2003年2月号){<発行所>(株)学習研究社}(<目次名>太陽系 第12番惑星 ヤハウェ は灼熱世界だった!! <文>飛鳥 昭雄(あすか・あきお))より.
 

暗黒天体"ティシュヤ"(ラジャ・サン)

 投稿者:amanojaku@管理人  投稿日:2013年 9月12日(木)00時27分28秒
返信・引用
  【暗黒天体"ティシュヤ"(ラジャ・サン)】

DVD『飛鳥昭雄 エクストリーム・サイエンス(19) ?プラズマ宇宙論?』より。

> 2012年は ほぼ完璧に木星の背後に入るんだろう

> 釈迦の予言
> 『悪の力が頂点に達した時、シャンバラは必ず木星の背後の天体を光らせるだろう。
> この天体を"ラジャ・サン"と言う。
> 3つの大国が滅びる、その後 18年の戦争と大破局が続いてシャンバラが地底から姿を現す。』
> 『"ティシュア"(ティシュヤ)、この星("ティシュヤ")が木星と「合座(ごうざ)=かさなった時」、(救世主)"カルキ"(ヒンドゥー教の神)が地上に降臨する』

{1枚目の画像}は暗黒天体"ティシュヤ"(ラジャ・サン)が"触手"を伸ばして太陽にエネルギーを注入(または太陽からエネルギーを吸収?)している様子。
{2枚目の画像}は宇宙・探査機によって(地球から見て)木星の裏側から撮影された暗黒天体"ティシュヤ"(ラジャ・サン)。
{3枚目の画像}は太陽表面上を通過している暗黒天体"ティシュヤ"(ラジャ・サン)。
*デベソのように見えるのは暗黒天体"ティシュヤ"(ラジャ・サン)の"触手"がヘビのようにトグロを巻いている様子。


《参考》

{2~3枚目の画像}:DVD『飛鳥昭雄 エクストリームサイエンス「最新宇宙論(仮タイトル)」』より。
 

test

 投稿者:amanojaku  投稿日:2012年 2月23日(木)11時41分50秒
返信・引用
  test
 

掲示板が完成しましたキラキラ

 投稿者:teacup.運営  投稿日:2012年 2月23日(木)10時51分44秒
返信・引用
  ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤお絵描き機能付きえんぴつ
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。
 

レンタル掲示板
/1