teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 電磁波犯罪(0)
  2. ブランド激安市場 bag53(0)
  3. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 2月13日(火)08時05分15秒
返信・引用 編集済
  王仁三郎著、惟神の道まで読み進みました。
オニさんは満州事変の黒幕みたいなもので、満州占領は日本の生命線と主張し、当時のオピニオンリーダーともいえる存在でした。

理解しがたい行為でしたが、以下のような所で、ようやく納得できましたのでメモ代わりの忘備録。

太平洋戦争によって、終末戦争の型をやる。
それによって大難を小難にして、日本の滅亡を救う。
これがオニさんの辛いお役目なのかな。

神の仕組は広大無辺。惟神たまちはえませ。


世界の人間の頭には、物質以外に何物も無い。黄金の力が総てを解決すると信じてゐる。しかるに日本は皇道を宣揚し、精神の力で世界を統一しようと考へてゐる。ここにユダヤ人の文明と日本人の文明との衝突が必然のものとなって来る。日本、満州国以外の国では、ユダヤ人の黄金万能に中毒し皇道を唱へる日満を目の敵と考へてゐる。ここで日本をやってしまはねば、十年百年の後に、世界は日本主義に征服されぬとも限らぬと心配しはじめたのだ。したがって露、米、英、仏などが一体となって、日本に攻め寄るであらうことは想像に難くない。それは明治二十五年から、神諭に明らかに示されてある。
 
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 2月 4日(日)21時16分58秒
返信・引用 編集済
  2400万画素は、さすがでした。
鮮明、かつレンズが大きいので明るい。
でもたいした心霊写真は撮れませんでした。
期待の奥宮は、気もありません。

前回はじめて裏門でオーブが撮れたところ。

おまかせ・オートモードによる比較。

定番の左側入口。

でもこの裏門のオーブらしきものは、モニターにもはっきり写っていたので、違うような気がします。
それともテレビの心霊番組でも、カメラチェックで見えているので、写るのかもしれません。
ファインダーを覗いていた時代とは、やっぱ違うよね。

写真のアップに失敗しました。
サイズが大きすぎました。

http://

 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 2月 3日(土)21時14分48秒
返信・引用
  節分につき、大杉・香取神社を回ってきました。

節分と言えば「鬼は外」ですが、鬼とは大本の教え通り、鬼門の・丑寅の金神である国常立ち大神だと思うので、うちでも鬼は外は止めました。

終末開始まで、あと20年ということなので、御出現をお願いしてきました。

香取に行ったら、手水場の脇に、祭神・経津主大神のいわれが書かれていたのですが、国土開発とのこと。
この辺は景京天皇が縄文系在来人を席巻して支配権を確立したのだから、経津主大神は支配者側であって、追い出された神が、それ以前の国土開発をやってたはずです。

香取の奥宮のある場所はいったん敷地外に出なければならない、本殿は南向きなのに奥宮は北向きなど、差別感があるので、奥宮こそ最初の神じゃないかと思っています。

本殿の賽銭箱の前に立っても、そんなに高揚しないけど、奥宮は曲がって3メートルもしたらゾクゾクするので、パワーが違いすぎるのです。

心霊写を拡大したいので、14年前の500万画素では古すぎ、2400万画素の新しいカメラを買ったので、撮影訪問を兼ねていたのですが、画像がパソコンに取り組めないので、写真はありません。
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 2月 2日(金)09時10分44秒
返信・引用
  最近、霊界物語ドットを全部読もうと努力してます。

大本神歌まで読み進んだら、終末の開始時期と思われる記述があるので、メモ代わりに載せておきます。

戊午の2038年に始まり、辛酉の2041年に春負けドンになるようです。

やがては降らす雨利加(あめりか)の、数(かづ)より多き迦具槌(かぐつち)に、打たれ砕かれ血の川~

戊(つちのゑ)の、午(うま)の春夏秋(はるなつあき)(2038年)に懸(か)け、心落ち居(ゐ)ぬ荒浪(あらなみ)の、中に漂ふ苦しみは、神ならぬ身の知る由(よし)も、なく泣く縋(すが)る神の前、水底(みなそこ)潜(くぐ)る仇艦(あだふね)と、御空(みそら)に轟(とどろ)ろく鳥船(とりふね)の、醜(しこ)の荒(すさ)びに悩まされ、皆(みな)散り散りに散り惑ふ、木(こ)の葉の末ぞ哀れなり。[※]
(二)
聯合(れんがふ)の国の味方と今迄は、成(なり)て竭(つく)せしカラ国(くに)の、悪魔邪神(まがつのかみ)が九分九厘、モウ一厘の瀬戸際に、旗を反(かへ)すと白露(しらつゆ)の、其(その)振舞(ふるまひ)いの非義非道、凡(すべ)ての計画(しぐみ)を狂はせて、勝つ可(べ)き戦争(いくさ)の負け始め、永びき渡る西の空、黒雲(くろくも)晴るる暇(ひま)も無く、独り気儘(きまま)の仕放題、印度の海も掠(かす)め取り、茲(ここ)にも深き経綸(しぐみ)為(な)し。次(つづ)いて浦塩(うらじほ)日本海、我物顔(わがものがほ)に跳梁(てうりよう)し、卜ン卜ン拍子に乗り出して、神の御国(みくに)を脅迫(おびやか)し、モウ一(ひ)ト息(いき)と鳴戸灘(なるとなだ)、渦巻き猛(たけ)る荒浪(あらなみ)に、大艦(おほぶね)小船(おぶね)残り無く、底の藻屑(もくず)と亡(ほろ)ぶるも、綾(あや)の高天(たかま)に最(い)と高く、空に聳(そび)えし言霊閣(ことたまや)、天火水地(てんかすゐち)と結びたる、五重(いつへ)の殿(との)に駆け登り、力の限り声(こゑ)限り、鳴る言霊(ことたま)の勲功(いさほし)に、醜(しこ)の鳥船(とりぶね)軍艦(いくさぶね)、水底(みなそこ)潜(くぐ)る仇艇(あだふね)も、皆夫(そ)れぞれに亡び失(う)せ、影をも止めぬ惨状(みじめさ)に、曲津軍(まがついくさ)も慄(をのの)のきて、従ひ仕へ来(きた)る世を、松と梅との大本(おほもと)に、世界を救ふ艮(うしとら)の、神の稜威(みいづ)ぞ尊(たふ)とけれ。

アメリカの犬ともいえる自民から、左巻きの民主党の末裔が政権を取り、大好きな白露とつながり、アメリカに攻撃されるのかなー。
左巻きマスゴミと、それに載せられた国民の選択なのだから、因果応報。

あと20年後か。
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 1月27日(土)12時25分19秒
返信・引用 編集済
  22日の雪で、当地でも10cmチョイ降り、ようやくブロッコリーの株元の土が見えてきました。
収穫できそうかと見て回ったら、取るような大きさはほとんど無く、50メートルあるって
諦めました。

特徴的だったのは、葉が萎れて、くたってしているのです。
予想するに、土が凍結しているので水が吸えず、風が強いので蒸発したかと思います。

明日も低温ですのダメでしょう。
1週間の連休になります。

 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 1月22日(月)13時34分51秒
返信・引用
  前回撮った一番上の写真が、メタルっぽいので、香取の奥宮さんに確認に行ってきました。

以前に撮った写真には無いのを確認したのですが、改めて見てみるとメタルの柱がありまして、前作は心霊写真じゃありませんでした。

でもけっこうオーブは写ってます。
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 1月17日(水)11時20分17秒
返信・引用
  大本の宣伝歌に、間違いはのり直し~うんぬんの歌詞がありましたが、意味が書かれていたのでメモ代わりに。

 四魂いずれにしても、「省(かえりみ)る」と云う良心が出ない時は、至粋至美なる霊魂といえども、たちまち曲(まが)霊(ひ)という汚らわしき霊に変じてしまうのである。

 荒魂の働きは「勇」であるが、この魂に「恥(は)じる」という自省がない時は、すなわち曲霊となりて、「争(そう)」と変ずるものである。すなわち勇は直で、争は曲である。
 和魂の働きは「親(しん)」であるが、この魂に「悔(く)いる」という自省がない時は、すなわち曲霊となりて、「悪」と変ずるものである。すなわち親は直で、悪は曲である。
 幸魂の働きは「愛」であるが、この魂に「畏(おそ)る」という自省力がない時は、すなわち曲霊となりて、「逆」と変ずるものである。すなわち愛は直で、逆は曲である。
 奇魂の働きは「智(ち)」であるが、この魂に「覚(さと)る」という自省力がない時は、すなわち曲霊となりて、「狂(きょう)」と変ずるものである。すなわち智は直で、狂は曲である。
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 1月15日(月)14時11分3秒
返信・引用
  香取の神様は、大物主の尊に国譲りを武力で迫った経津主神です。
神が脅して、言うことをきかすというのは、あまり感心しません。

大杉神社の主神も大物主の尊ですが、それ以前は鵜神(うなかみ)が統治していましたが、ムサシ・イバラキという神に攻められ、民の安堵のために譲位したといいます。

鵜は神代末期の鵜茅葺不合命と同じだったら、姫は竜宮城の龍神。
今回龍神と判明したなら、香取も奥宮が開祖だと思う。
 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 1月15日(月)00時26分7秒
返信・引用
  サイゼに年明け3回行きました。

エスカルゴが美味しくなった。

ムール貝も美味しくなった。

ホウレンソウ高騰につき、サイゼの方が安そう。

 

(無題)

 投稿者:ken  投稿日:2018年 1月14日(日)23時25分52秒
返信・引用 編集済
  11日は大杉神社の後に、香取神宮にもはしごしたのですが、駐車場待ちなのでスルーしました。
14日は0830に到着したら9分の入りで、駐車できました。
アル中なので、これ以上参拝を伸ばしたら、奉納予定で買った酒を飲みそうだったので。
香取はお宮参りの所なので、結構好きなんです。

前回行った時、奥宮の写真に写っていたモヤが、物の怪・大神様・龍神様が気になったので、その確認です。

参拝前には、何も映っていません。
左側の鳥居の地面付近に、人型みたいな光はありますが。

お神酒を鳥居左下に添えたら、光の柱が写っていました。
龍神様かと思い、龍宮という結構おいしい焼酎を奉納しました。
酒の上に光が伸びているので、私的には龍神様に確定です。

最後の写真はいつも本殿後ろで寒気を感じていましたが、一度も心霊写真は撮れませんでした。門にようやくオーブが写りました。森の方だとばっかり思ってました。
今回は本殿左側の門では、何も映りませんでした。
 

レンタル掲示板
/52